諦めずに加入するために

カウンセリング

うつ病と診断された場合には、保険に入ることが困難となり、加入を諦めてしまっているケースも有るようです。しかし、近年はうつ病と闘病中であっても入れるものも現れてきています。ただ、選択肢は少なく、費用も高めなのでしっかり情報を集めてプロに相談することも検討しましょう。

詳しく見る

心を治療する

看護師と患者

心の風邪と言われているうつ病は今や多くの人が罹る可能性のある現代病となっており、しっかりと治療を行なって治していくことが大切です。また、今は問題ないという場合でも将来のことを考えて健康保険で使える制度なども知っておくようにしましょう。

詳しく見る

相談をする

ハートと聴診器

うつ病も、心の病ですから体も元気ではありません。そんな時は専門のカウンセラーの元でケアをしてもらうとすっきりさせることができるでしょう。相談するだけでも症状が緩和されるため、積極的に足を運ぶと良いです。また健康保険で費用を抑えることでお金の面も安心できます。

詳しく見る

落ち込む心

看護師

うつ病とは心が落ち込む状態や世界が精彩を失うこと、やる気が出ないことが挙げられます。何だか意味もなく悲しく思う日が続くときには心のチェックをしてみましょう。また、うつ病でも加入できる保険についても知っておくと良いです。

詳しく見る

うつ病の種類

医者と看護師

罹る人が増えているうつ病

うつ病はかなり多くの方が発症してしまう可能性のある精神疾患です。精神の疾患ということであまり重大な病気ではないという印象が強いでしょうが、日常生活に支障をきたしてしまう可能性のある病気であることをしっかりと理解して治療を進めていく必要があります。精神疾患ということで周りからの理解が得られないとなかなか思うように治療を進めることが出来ないので、しっかりと周りの理解を得てから治療を行なうようにしましょう。

うつ病には種類がある

うつ病には様々な種類があり、種類によって対処法なども変わってくる場合があるので、うつ病の種類をしっかりと把握しましょう。うつ病には定型・非定型・難治性型・仮面うつ病などの様々な種類があるということをしっかりと理解しましょう。一般的なうつ病とされているのが定型で、憂鬱で全身に怠さが現れる場合は定型である可能性が高いです。症状が酷くなってしまうと1日ずっと憂鬱な状態が続くため、仕事などが手につかないというようなこともしばしばあるようです。日常生活のなかでも、仕事が出来ないといったような自責の念が強く、症状を悪化させてしまう場合もあるので注意しましょう。また、うつ病の特徴である精神的な症状が殆どないが、体調面などで症状が出てくる仮面うつ病というものもあります。基本的に症状としては頭痛や腹痛、不眠などに加えて食欲不振などの症状が現れるので、自律神経失調症などの病気と間違えてしまう場合があります。自分だけで自律神経失調症と判断せず医師の適切な診察を受けるのが大事なのです。近年では、インターネットなどで気軽にセルフチェックなどが出来るようになっているので、自分に当てはまる項目にチェックをしてしっかり自分の症状などをチェックするようにしましょう。チェックの結果、疑わしい場合は信頼できる心療内科や精神科を受診してしっかりと医師の診断を聞いてから治療する必要があります。

治療に専念するために知っておきたいこと

うつ病を患ってしまうと仕事ができなくなってしまうため、気にする部分と言えばお金の面が挙げられます。仕事をしなければもちろん、お金は入ってこなくなってしまうので今後の生活や治療費で頭を抱えてしまうこともあるでしょう。しかし、健康保険の傷病手当金を受けることができるため安心して治療に専念することができます。国民健康保険の被保険者は受けられないのですが、会社員として働いている人は基本的に健康保険を支払っているため、受けることができるでしょう。この傷病手当金というのは日割給与の3分の2の金額が受け取れるもので、満額ではありませんが少なからずお金は入ってきます。また、期間は最長1年半受け取ることができるのでしっかりとうつ病治療に臨むことができると言えます。しかし、気を付けるべきポイントが2つあり、まずは仕事を辞めないということです。仕事を辞めてしまうと傷病手当金は受け取ることができなくなってしまうので退職を選択するのではなく、休職を選択するようにしましょう。もう1つが休職できるかという点が挙げられます。会社によっては休職できないというところもあり、休職できない場合は退職を選択せざるを得なくなってしまうので事前に確認しておくと良いでしょう。